子どものあせも対策は?桃の葉エキスが効くって本当?ベビーパウダーは?

スポンサードリンク

kodomo-ase

気温が高くなってくると、
やっかいなのがあせもではないでしょうか。

特に子どもは汗っかきで、
あせももできやすいですよね。

しかも、寝ているときに無意識に掻いていて、
症状が悪化してしまうなんてことも。

そうなってしまう前に、できる対策は?

スポンサードリンク

子どものあせも対策とは?

赤ちゃんや子どもはとにかく汗っかきですよね。

それもそのはずで、あの小さな体で
大人の3倍近くも汗をかくといわれているんです。

汗は、体の熱を放出させて、
体温を下げるという大切な役割があります。

が、放っておくとトラブルの原因に。

あせもになってしまうと、治療が必要になってしまいます。
まずは、あせもをつくらない対策をしてみましょう。

・汗をかいたまま放置をしない

汗をかいたら、洗い流すの一番です。
シャワーを水浴びがすぐにできればいいのですが、
それができない場合は、清潔なタオルで拭き取りましょう。
濡れたタオルが用意できればなおいいです。

こまめに服(下着も)を着替えることも大切です。
赤ちゃんの場合は、こまめにオムツ交換してあげてください。

・涼しく、風通しの良い環境で過ごす

エアコンを上手に利用して、
必要以上の汗をかかないようにしましょう。
外遊びの場合も、昼間の暑い時間を避けたり、
木陰で遊ぶなど、できるだけ涼しく過ごす工夫をしましょう。

スポンサーリンク

・通気性のよい服を選ぶ

汗をよく吸ってくれる木綿の服や
速乾性のある素材の服を着るようにしましょう。

薄手のもので、
サイズもゆったりしたものを選びましょう。

子どものあせもに桃の葉エキスが効くって本当?

桃の葉エキスは、桃の葉から抽出したエキスで、
古くから、あせもやかぶれの皮膚トラブルに使われてきました。

保湿作用、刺激緩和作用、抗菌作用などがあるとされています。

江戸時代には、桃湯といって
桃の葉を入れて入浴する習慣があったり、

民間療法として、あせもやかぶれにも使われていました。

現在は、桃の葉が間単には手に入れられないため、
桃の葉エキスの入ったローションなどが売られています。

肌に合うかどうかは、
パッチテスト等が必要ですが、
評判はよく、実際にあせも対策につかっている方もたくさんいます。

また、漢方のお店などでは、
桃の葉を取り扱っているところもあり、
天然の桃の葉エキスを作ってみるという手もあります。

子どものあせもにベビーパウダーは効くの?

昔は「天花粉」や「シッカロール」(商品名)が
あせもにいいといわれていましたが、
これらはいわゆるベビーパウダーのことです。

ベビーパウダーは汗を吸着して
肌を乾燥させる作用があります。

が、あせもがすでにできている場合は、
汗の穴をふさいでしまうことになり、逆効果です。

あくまでもあせも予防として使用しましょう。

また、ベビーパウダーをつけすぎて、
汗をかいたままにしておくと、
湿った固まりになってしまうことがあります。

これも肌にはよくないので、
水分を含んで固まりになった場合は、
きれいに取り除くようにしましょう。

まとめ

あせも対策は、汗をかいたまま放置しないことにつきます。

でも、いろいろ対策をしていても、
あせもになってしまうこともあります。

あせもは、ひどくなるととびひになる可能性もあります。
あせもになったら、一度病院へいって
治療してもらうことが大切です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする