マジック用の鳩はどこで購入するの?飼育はどうする?運び方は?

私の友だちのご主人は、趣味がマジックなんですよ。

結婚前に彼がマジック用に鳩を飼っていたらしいのですが、
彼が出張にいかなきゃいけなくて、
1日だけ友だちが鳩を預かったことがあるという話になって・・・

小さなカゴに入った状態で預かって、
2,3日くらいは外に出さなくても平気で、
水とえさだけを頼まれたらしいのだけど、

その友だちは、カゴの中だけだと
ちょっとかわいそうと思って、
お風呂場で放してやったらしいんです。

そうしたら、大暴れして、
カゴに戻そうと思っても、捕まえられないし、
風呂場の中で、鳩と大格闘。

どうにかカゴに入れられたらしいんだけど、

その後、出張から戻った彼にその話をしたら、
かなり怒られたと。

骨が折れたらどうするんだと。
外に出さなくても平気だと言っただろうと。

良かれと思ってやったのに、
そんなに鳩が大事かよっ
ってかなり腹たったわーと言ってましたが

まぁ、そんなに大事なものを
預かってくれっていえるような仲だったんだよねー。

個人的には、その話よりも
鳩飼うってどういうこと?と、その方気になってしかたありませんでした。

スポンサーリンク

マジックの鳩はどこで購入するの?

マジック用に鳩を飼う・・・

個人的に想像したこともない世界です。

マジックショーなんかで鳩を飛ばすのは見たことあるし、
あれもマジシャンが飼育して、調教しているんだろうなとは思うんだけど、
身近に鳩を飼っている人がいるとは思いもよりませんでした。

そもそも、鳩ってどので購入するの?
公園なんかの鳩を捕まえてるわけじゃないよね?

って、私は根本的に間違ってますね。

マジック用の鳩は、公園とかにいる鳩と違って、
白くて小さい鳩で 銀鳩 と呼ばれる種類の鳩だそうです。

で、銀鳩はペットショップや鳥の専門店などで
取り扱っているところがあるようですね。

マジックショップでも取り扱っているところはあるみたいです。

でも、鳩は飼育するのに許可がいるみたいなので、
都道府県などに届出してからになります。

マジシャンは鳩をどのように飼育しているの?

銀鳩の習性はどうかわからないのですが、
鳩は空を飛びまわっているというイメージはないですよね。

どちらかとうと、地面を歩いてるイメージが強いです。

スポンサーリンク

それでも鳥だから飛ぶだろうし、
それこそ、友だちが格闘したみたいに、
放したら捕まえるのが大変そう・・・。

鳩は、少し飛べるくらいの大きめの鳥かごで飼うのが一般的みたいです。

ダンボールに止まり木になるものをつけて
育てている方もいるみたいです。(掃除が楽だそうです。)

かごの中で暴れるときは、布をかぶせる等して
暗くしてやると、おとなしくなるとのこと。

たしかに鳥は夜はじっとしていますよね。
そういう環境を作ってやると、おとなしくなるというわけです。

普通の鳥と飼い方は違わないようだけど、
やっぱり掃除はたいへんそう。

それに、鳩は爪が伸びるらしく、
飼育するなら爪とぎをしてやる必要があるそうです。

マジックに使うなら調教もしないといけないしで、
それなりの時間と労力がいりそうだなというのが感想です。

マジック用の鳩はどうやって運ぶの?

マジシャンとしてはとても大切な鳩ですが、
運ぶときはどうするのかなと思って調べたら、

移動用の小さながカゴがあるんですね。

友だちが預かったのも、
そんなカゴだったんじゃないかなと思います。

大きめの紙袋に入るくらいの大きさらしいので、
かなり小さいですよね。

友だちが鳩がかわいそうと思ったのもうなずけます。

運んでいるときに泣き声が気になるときは
布をかぶせる等して、暗くしてやるとよいようですね。

それでも泣くときは、カゴをゆすると
バランスをとろうとして、泣き止むとか。

オットットとバランスをとっている鳩の姿を想像するとかわいいです。

ちなみに、電車などに鳩を持ち込むときは、
有料手荷物扱いです。

鉄道会社のホームページなどにも、
子犬、猫と同じように『鳩』も有料手荷物と書いてあることがほとんどです。

こういう記載があるということは、
鳩を電車で持ち運ぶのは結構一般的なんだと驚きでした。

まとめ

鳩飼うってどんな人?と思ったけど、鳩を飼うって
それなりの覚悟がいるんだなと改めて思いました。

マジックする上でのパートナーで、
それなりに時間と労力かけて飼っているんだなと思うと、

風呂場に放した友だちに対して
怒ったという彼の気持ちもちょっとわかりましたよ。

まぁ、なんにせよ、
現在、二人は仲良し夫婦なので、
私がどうこういう話ではないのですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする