コーヒー飲料とコーヒーの違いは?カフェオレは乳飲料なの?

このあいだ、自治会の集まりでコーヒーをいただきました。

で、何気なく表記を見てみたら、
ひとつは『コーヒー飲料』でもうひとつは『コーヒー』となっていました。

ん?これって何か違うのかな?

スポンサーリンク

コーヒー飲料とコーヒーの違いは?

自治会の集まりでもらったコーヒーです。

『コーヒー飲料』と『コーヒー』になってますよね。

原材料はほぼ同じです。

あえて言うなら、

表示されている順が
コーヒーの前に砂糖があるか、コーヒーの後に砂糖があるかの違いでしょうか。

原材料に表示されているのは、
使用した重量の多いものから順に記載されているというのを
聞いたことがあります。

ということは、コーヒーの量が違うのか!

コーヒーには”コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約”があり、
内容量100g中のコーヒーの生豆分量によって
表記が異なるとのことです。

『コーヒー』
内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上のコーヒー豆から
抽出または溶けだしたコーヒー分を含むもの

『コーヒー飲料』
内容量100gにコーヒー生豆換算で2.5g以上5g未満のコーヒー豆から
抽出または溶けだしたコーヒー分を含むもの

という違いがあるそうです。

スポンサーリンク

コーヒーの量そのものというより、
コーヒーの濃さの違いのようですね。

濃いコーヒーを飲みたいときは、
この表記を基準に選ぶとよさそうですね。

ちなみに、『コーヒー入り清涼飲料水』というのもあって

内容量100g中に生豆換算で1g以上2.5g未満のコーヒー豆から
抽出または溶けだしたコーヒー分を含むもの

だそうです。

カフェオレはコーヒー?乳製品?

コーヒー飲料とコーヒーの違いを知ってから、
コーヒー類を買うときは表記を見るようになったのですが、

カフェオレ系は ほとんどが『乳飲料』と表記されています。

でも、『コーヒー飲料』と書かれていることもありました・・・。

”コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約”
には、『乳飲料』は出てこなかったんですけど、
どうなんているんでしょうね?

乳飲料は”飲用乳の表示に関する公正競争規約”というのがあって、
これに基づく表記となります。

乳飲料は、乳固形分3.0%以上含むものに対して表記されています。

で、コーヒー飲料と飲用乳の表記がかぶったときはどうなるのかというと、
規約で、まず乳飲料かどうかが判断されるようです。

なので、カフェオレなどの場合、
『乳飲料』と記載があるものは、ミルク分が濃いものというイメージですね。

まとめ

飲み物の表記っていろいろな規約があるんですね。
選ぶときの基準として、知っておくと便利だなと思いました。

でも、カフェオレは、
乳飲料と記載されてしまうと、
コーヒー分の濃さの違いは
わからないというデメリットもあるなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする