ボジョレーヌーボ2015年解禁日は?なぜ解禁日がある?飲み頃は?

スポンサードリンク

wine-beaujolais01

ボジョレーヌーボの解禁日は、
今や季節行事としてすっかり定着したイベントですね。

限定品など縛りのあるものに弱い
人間の心理をついているのでしょうか。

「毎年この日にならないと飲めない!」と言われると、
飲みたくなってしまいますよね。

でも、なぜボジョレーヌーボは解禁日があるのでしょうか?

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボ 2015年の解禁日は?

ボジョレーヌーボは、
フランスのボジョレー地区でできるワインのことで、

「ヌーボー」はフランス語で「新しい」という意味です。

ボジョレーヌーボは
その年に収穫されたブドウから作られる一番新しいお酒なんです。

そのボジョレーヌーボの
2015年の解禁日は 

11月19日

です。

ボジョレーヌーボの解禁日は、
毎年11月の第3木曜日午前0時と決まっています。

この日まで、販売者でもボジョレーヌーボを飲むことはできません。

しかも、日本は日付変更線の関係で、
フランスより解禁日が早いのです。

本場フランスより、早くボジョレーヌーボを飲むことができるんですね。

ボジョレーヌーボにはなぜ解禁日があるの?

もともと、ボジョレーヌーボに解禁日はありませんでした。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボはとても人気のあるワインだったので、
ワインの販売者はわれ先に出荷して、
利益を得ようとしていました。

そのため、販売開始日を
どんどん前倒ししていったのです。

それによって、 まだワインとして出荷できないような
質の悪いワインも、市場に出回るようになり、
ボジョレーヌーボの評判が悪くなってしまいました。

そこで1967年に、フランス政府は
ワインの品質を下げないために、
解禁日を定めたというわけです。

最初 解禁日は11月15日と決められていましたが、

その日が土日や祝日に当たった年は
運送業者が休みのため、運送がストップするなどして、
出荷が出来なくなってしまうようなことに。

フランスはお休みの日は働かないお国柄なんですね。

解禁日にボジョレーヌーボーがないなんてことを避けるために

1985年、フランス政府は
現在の11月の第3木曜に
再び解禁日を定めました。

解禁日と休日が重ならないようにしたわけです。


ボジョレーヌーボの飲み頃は?賞味期限は?

爽やかでフルーティーな味わいのボジョレーヌーボーは、
フレッシュなうちに飲み切るのがベストです。

2015年は11月19日が解禁日ですが、
年内に飲みきるのがよいとされています。

ボジョレーヌーボをおいしく飲むのは、
2~3ヶ月までが限度で、
一般的な赤ワインに比べるとかなり短いです。

よく、ワインは寝かせる と言うので、

何年も経つと年代モノのワインになるんじゃないの?

と思う人も少なからずいるかと思いますが、

ボジョレーヌーボは絞りたてを楽しむワインで、
時間が経つにつれて味が落ちます。

ボジョレーヌーボは11月から年末にかけての
”旬の味”というわけですね。

まとめ

ボジョレーヌーボがここまで盛り上げるのは、
円高も影響しているのでしょうかね。

スーパーなどに並ぶ ボジョレーヌーボは、
とってもお手ごろですものね。

でも、やっぱり、限定品に弱い人の心理でしょうか。

お手ごろなボジョレーヌーボ、
いろいろなものを楽しむのもいいですね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする