エコー写真は消えるって本当?どのくらいで?保存する方法は?

子どもが

「自分の子どものころの様子を調べるという宿題がでたから、
小さいときの写真を見せて。」

と言ってきました。

うーん、私 写真の整理が苦手で・・・。

アルバムがきれいに整理できてないわーと思いながら、
子どもとわいわい写真を見ていたのですが、

その中に、エコー写真も混ざっていました。

ん?なんか色褪せてる?
あっ、エコー写真って、放っておいたら消えるんだっけ?

スポンサーリンク

エコー写真は消えるって本当?

色褪せたエコー写真を見て、調べてみたら、
やっぱり、エコー写真は放っておくと消える運命にあるみたいです。

問題なのは、エコー写真に使われいている紙です。

エコー写真に使われている紙は、感熱紙やインスタント写真の場合が多く、
これは、日が経つとだんだん薄くなって、最後には消えてしまいます。

レシートをずっと財布に入れておくと、
真っ白になっているのを見たことある人も多いと思いますが、

まさに、あれと同じ状態になってしまうわけです。

エコー写真はどのくらいで消えるの?

感熱紙の保存は、だいたい3年~5年といわれています。
質の良いものなら10年もつものもあるようです。

我が家の場合ですが、
白く色褪せてしまったものと、
きれいに残っているものがありました。

どちらも、約8年前のものです。

同じ病院でもらったものなので、紙は同じだと思います。
なので、きれいに残っているのは、保存状態が良かったのかなと。

スポンサーリンク

と言っても、
違いはノートに貼ってあったか、
挟んだだけで貼っていなかったかだけなのですが・・・。

エコー写真を保存する方法は?

エコー写真ですが、

感熱紙は化学反応で発色しているので、
時間がたつと、化学反応が元の状態に戻ってしまうことで、
白い紙となってしまいます。

他にも、こすれたりした摩擦で、
感熱紙についている薬品が落ちて白くなる場合もあります。

また、感熱紙は熱に反応して色がつきます。

なので、エコー写真などに熱を加えると、
真っ黒になってしまう事態にも・・・。

紙の保存といえば、ラミネート加工 と考えたのですが、
ラミネート加工もラミネートフィルムを熱で圧着するので、
もっともやってはいけない保存方法というわけです。

つまり、感熱紙のままで保存するのは難しいということですね。

エコー写真を長期間 保存するのは、
デジタルデータにしてしまうというのが一番のようです。

エコー写真をデジカメなどで撮って保存するか、
スキャナーに取り込むかになります。

ただし、スキャナーも熱くなることがあるので、注意が必要です。

一度レシートなどの感熱紙で試しにやってみることをおすすめします。

デジタルデータにしてしまえば、
写真にしてアルバムに保存することも可能ですものね。

まとめ

最近では、データにして渡してくれる産婦人科もあると聞いて、
やっぱり、エコー写真は長く残しておきたいと思っている人は
たくさんいるんだろうなと思いました。

私も子どもが大きくなったときに、
エコー写真を見せたい!と
今回の宿題をやる姿を見て思いました。

で、早速、スマホでバシャバシャと撮影しておきました。

これを写真にして、アルバムに入れるのがいつになるかは・・・。
いつだろう(汗)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする