赤ちゃんの日焼け止めはいつから?選び方は?紫外線対策とは?

baby01

夏になると、外にちょっとお出かけするだけでも
紫外線が気になりますよね。

赤ちゃんは特に肌が弱いし
日焼けなんてさせたくない!

でも、日焼け止めをつける必要あるの?

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?

一昔前は、子どもの日焼けは
健康の証のようなイメージでとらえられていましたが、

紫外線が肌に及ぼす影響が明らかになるにつれて、
紫外線対策が重要といわれるようになってきました。

特に赤ちゃんは肌が薄く、
バリア機能も不十分なので、
肌を日焼けから守ることはとても重要です。

さて、日焼け止めが必要といわれる時期ですが、
明確に決まっているわけではありません。

生後1ヶ月でも外に出る機会が多く、
露出度の高い服を着せる場合は
日焼け止めを塗る必要があるでしょう。

外遊びする時間や外出の時間帯
また海や山などのレジャーといった
どのくらい日に当たるかを考慮に入れて、

日焼け止めを上手に使うことがオススメです。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

赤ちゃんに塗る日焼け止めですが、
赤ちゃんの肌はデリケートです。

肌に優しいものを選んであげたいですね。

1.肌への負担が少ないもの
SPFは10~20程度、PAは+1つのものがオススメです。
また、日焼け止めの中には、「紫外線吸収剤」を含むものがありますが、
化学原料が強い刺激となる場合もあるため避けた方が無難です。

スポンサードリンク

2.石けんで落とせるもの
日焼け止めによっては 専用のクレンジング剤が必要なものもありますが、
クレンジング剤が刺激になる場合もあるため、避けたほうが無難です。

3.パッチテストをして反応を確かめる
初めて使う日焼け止めはパッチテストで反応を確かめてから
使うことがオススメです。
日焼け止めを二の腕に少量塗って、30分後と24時間後に確認します。
赤みやかぶれなどの異常がなければ大丈夫です。

日焼け止め以外の紫外線対策は?

とは言うものの
赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは抵抗があるという方は、
無防備にお日様にさらさないことが重要です。

1.午前10時~午後3時の間の外出はなるべく避ける
午前10時~午後3時は一日の中で、
紫外線量が最も多いとされる時間帯です。
この時間帯の外出をできるだけ控え
朝や夕方に出掛けるのがよいでしょう。

2.帽子を被る
つばのある帽子を選びましょう。
顔だけでなく首なども日焼けしないように配慮が必要です。

3.UVカットの上着を着せる
UVカットの長袖や長ズボンが良いですが、
暑そうなら無理は禁物です。
ただし、できるだけ肌の露出の少ないものを選ぶように
心がけましょう。

4.日陰に入る
なるべく日陰を選んで歩いたり、
ベビーカーに赤ちゃんを乗せている場合には、
日よけのガードを装着するなど、直射日光に当たらない工夫をしましょう。

まとめ

赤ちゃんを紫外線から守りたいから外出しない!
というのは赤ちゃんにとってはマイナスだし、
ママも気分転換できなくて大変です。

紫外線はできる限りの対策をして、
赤ちゃんとのお出かけを楽しみたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

おいしい枝豆の選び方は?おいしくゆでるには?保存方法は?
喪中はがきいつまでに出す?12月に不幸があったらどうするの?
非常食は3日分必要?その根拠は?具体的にはどのくらいの量?
髪の乾燥を防ぐ正しいシャンプー方法は?トリートメントは?ドライヤーは?
夏ばて?その原因と症状/夏ばて予防&解消の食材とメニューとは?
婚約指輪はいつからつける?結婚後はつけないの?結婚指輪は?
防災用の水の必要量は?保管方法は?賞味期限が切れたらどうする?
静電気のおこる原因は?車に乗る前、降りる前の予防策は?
○○の秋の由来は?食欲の秋は?読書の秋は?スポーツの秋は?
まな板の除菌は必要?エコで安心な除菌方法は?頻度は?
帽子をかぶると禿げる?禿げないための帽子の選び方・かぶり方
土鍋の新品お手入れは?使った後のお手入れは?やってはいけないことは?
お盆の義実家の帰省 手土産を選ぶポイントは?渡すタイミングは?
お中元をやめたい・お断りしたいときのマナーは?上手な断り方とは?
初盆(新盆)でのお供えのマナーは?相場は?熨斗はどうする?

Menu

HOME

TOP