帽子をかぶると禿げる?禿げないための帽子の選び方・かぶり方

boushi-erabi01

髪や頭皮は思った以上に紫外線のダメージを受けています。

紫外線対策には、紫外線に当たらないのた一番。

そのために、日傘や帽子が効果的なのですが、
帽子はかぶっていると蒸れて禿げるなんていわれたりしますよね。

スポンサードリンク

帽子をかぶると禿げるって本当?その理由は?

「帽子をかぶると禿げる」「蒸れて頭皮に良くない」といわれることも多いので
帽子は良くないと思っている人も多いと思います。

でも、帽子を被ることで

夏は頭頂部を紫外線から守り
冬には頭皮を寒さから守ることで血行不良を防止し、

反対に抜け毛や薄毛の予防になるんです。

ただし、帽子をかぶっていて痒みなどの異常を感じた場合は、
禿げる原因が潜んでいる可能性があります。

その場合の多くは
帽子の選び方や帽子のかぶり方に問題があります。

禿げないための帽子の選び方

◎夏の帽子の選び方◎

・紫外線カットの加工がしてあるもの
・つばが広く、頭の後ろまでカバーしてくれるもの
・通気性の良いもの
・締め付けないサイズで、頭の形にあったもの

特にアウトドア用の帽子は
通気性がよく、紫外線カットの素材を使っているものが多いのでオススメです。

スポンサードリンク

◎冬の帽子の選び方◎

・保温性のあるもの
・保湿性のあるもの
・締め付けないサイズで、頭の形にあったもの

ウールやニットなどの素材は保温性・保湿性に優れていてオススメです。
また、裏地付も帽子も冬にはオススメです。

夏用も冬用も一度かぶってみて
締め付け感がないかを確かめることも大切です。

禿げないための帽子のかぶり方

<夏場の帽子のかぶり方>

・長時間かぶり続けることは避けて、汗をかいたときは、
帽子をとってタオルやハンカチなどでまめに汗を拭き取る。

・室内や日陰では帽子をとり、頭皮の換気をする。

・帽子をかぶらない間は、帽子も通気性の良い場所に置き乾燥させる。

・帽子は定期的に洗濯やクリーニングをして、清潔に保つ。

・帽子で蒸れを感じた日は、出来るだけ早くシャンプーし頭皮を清潔に保つ。

<冬場の帽子のかぶり方>

・蒸れ防止のために、室内では帽子をとる。

・冬場でも汗をかいた場合は、
帽子をとってタオルやハンカチなどで汗を拭き取る。

・帽子を清潔に保つ。

まとめ

帽子は正しく選んで、正しくかぶれば
薄毛や抜け毛防止にもつながります。

夏場のつばの広い帽子は、
顔の紫外線への影響も減らしてくれますし、重宝します。

せっかくなので見方につけたいアイテムですよね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

喪中はがきいつまでに出す?12月に不幸があったらどうするの?
静電気のおこる原因は?車に乗る前、降りる前の予防策は?
初盆(新盆)でのお供えのマナーは?相場は?熨斗はどうする?
画用紙のサイズ規格四つ切とは?写真用紙となぜ違うの?紙のサイズ規格は?
夏ばて?その原因と症状/夏ばて予防&解消の食材とメニューとは?
子どものあせも対策は?桃の葉エキスが効くって本当?ベビーパウダーは?
まな板の除菌は必要?エコで安心な除菌方法は?頻度は?
赤ちゃんの日焼け止めはいつから?選び方は?紫外線対策とは?
赤ちゃんの虫除け上手な方法は?部屋の中と外/安心な虫除け剤は?
「うるう秒」とは?どうしておこるの?どんな影響があるの?
電気ストーブとは?電気ストーブの種類と特徴は?
耳抜きとは?飛行機で耳が痛くなるのは?子どもの耳抜きの方法は?
プールに赤ちゃんを入れるならいつから?水量は?注意点は?
婚約指輪はいつからつける?結婚後はつけないの?結婚指輪は?
布団には寿命があるの?どうなったら買い替える?長持ちさせる方法は?

Menu

HOME

TOP