古希のお祝いは何歳?古希の意味は?のしの書き方は?

先日、ママ友から
「おばあちゃんの古希のお祝いで帰省するの。」
という話を聞き、驚きました。

私は自分の両親が70歳をとうに過ぎているので、
おばあちゃんが?と聞き返してしまいました。

相手にしてみれば、
私の両親の年齢の方が驚きだったみたいですが・・・。

そういえば、私は両親に古希のお祝いしなかったわ(汗)

スポンサーリンク

古希のお祝いは何歳で祝うの?

古希のお祝いは

数え年で70歳

で祝うとされています。

数え年というのは、生まれた年を1歳として、
新年を迎えるたびに1歳をたす年齢の数え方です。

一般的には生まれたときを0歳として数える
満年齢を利用するので、

数え年で70歳ということは、満69歳となります。

最近では、満年齢の方が区切りもよく、
しっくりくるということで、
満70歳のときにお祝いする方も増えているようです。

ただ、古希のお祝いは

「69歳のお祝い=無事70歳を迎えられますように」

という思いがこめられていることもあります。

だからといって数え年でないとダメということはないのですが、
地域の風習や、家族の習わしなどもあるかと思います。

せっかくのうれしいお祝いなので、
一度家族に聞くなどして、確認してからの方が安心ですね。

古希のお祝いの意味は?

長寿のお祝いはいろいろありますが、
『古希』にはどんな意味があるのでしょうか?

古希は唐の詩人杜甫が書いた『曲江詩』の中にある

「人生七十古來稀」
(むかしから70歳を迎える人はなかなかいない)

からついた呼び名です。

スポンサーリンク

そうなら、古希の「希」は「稀」なのでは?
と思うかも知れません。

でも、「稀」は常用漢字にないことから「古希」と書かれることが多くなり、
そのまま使われるようになっていったといわれています。

「希」は「希望」のように、ポジティブなイメージが
好まれて広く使われるようになっていったようです。

また「希」にも”めったにない”という意味があり
「古希」も「古稀」も大義はありません。

ちなみに、古希では
紫色の座布団をプレゼントする風習があったようです。

古希のお祝いカラーは紫色と言われているのですが、

これは、紫色が
「高貴なイメージで位の高い人にだけ許された色」ということで、
70歳を迎えた方への敬意をこめたものです。

現在でも、僧侶が紫の衣を身につけることができるのは、
最高位の僧侶に限れらています。

紫色は昔から 気品、風格を備えた色として尊ばれているのですね。

古希のお祝いでのしの書き方は?

家族で古希を迎えられる方がいれば、
お祝いをするという家も多いと思います。

何かお祝いをしようと考えたときに
のしはどうしたら?と思うことありますよね。

古希の場合、一度きりのお祝いではあるものの、
何度お祝いしてもよいおめでたいことなので、

↓のような「花結び」という水引をすすめられることが多いようです。

また、表書きは

古希御祝
祝 古希
寿 古希

といったものが一般的です。

まとめ

最近では、70歳といってもまだまだ若く、
年寄り扱いしないで!という方もいるそうです。

私の両親も70歳のときは、
孫とサッカーしてましたしね。

そういう方がいることもうなずけます。

日本の平均寿命が
男女とも80歳を超えているのだから、
「人生七十古來稀」では
なくなってきているということですよね。

時代にあわせて、長寿のお祝いも
見直しが必要になってきているのかもです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする