冬の乾燥肌のかゆみの原因は?かゆみ対策・入浴方法と薬の選び方

スポンサードリンク

bodycare01

冬は空気が乾燥する上に、
エアコンなどでますます乾燥する環境に。

そうなると、肌がカサカサに・・・。

乾燥するだけならまだいいけど、
これにかゆみが伴うと、大きなストレスになりますよね。

スポンサードリンク

冬の乾燥肌 かゆみの原因は?

冬の乾燥肌のかゆみの原因は

肌のバリア機能の低下

です。

では、バリア機能の低下の原因は

・冬の寒さと乾燥

冬になり、気温が低くなると血行が悪くなります。
そのため、肌細胞に栄養が届きにくくなるとともに、

冬の空気の乾燥や、エアコンによる乾燥などで、
肌の中の水分量が少なくなり、

皮膚表面に微細なひび割れができてバリア機能が低下します。

そうなると、外部からの刺激を受けやすくなるとともに、
かゆみ神経にも刺激が届きやすくなってしまいます。

・熱いお風呂、長い入浴、こすり過ぎ

お湯の温度が高すぎると肌の皮脂膜が取り除かれ、
肌の乾燥の原因となります。

長い入浴も同じで
肌の保湿成分である皮脂がどんどん溶け出してしまいます。

また、タオルなどでゴシゴシ洗うと、
肌の角質を必要以上にはがしてしまい、
肌トラブルの原因になります。

・不規則な生活や食事

寝不足や食生活の乱れは、肌荒れの原因になります。
もちろん、乾燥肌やかゆみを引き起こす原因にもなります。

冬の乾燥肌 かゆみ対策 お風呂の正しい入り方

冬のお風呂は、
心も体も温まって、ストレス解消の場でもあるのに、

入り方を間違うと
肌のバリア機能低下にもつながってしまいます。

乾燥肌でかゆみがともない、大きなストレスにならないためにも、
正しいお風呂の入り方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

1.お湯の温度はぬるめにする

お風呂のお湯の温度は38度~40度が適温です。
冬はもっと熱いお湯につからないと
体が温まらないと思うかも知れませんが、
40度のお湯でも、10分~15分入れば発汗するくらい温まります。

2.長湯はしない

冬場でもお湯に浸かるのは10分~15分程度にしましょう。

3.無添加の固形石けんを使う

ボディーソープなどには
あわ立ちを良くするために界面活性剤が使われていることが多いです。

界面活性剤は汚れをよく落とす反面、
肌の潤い成分まで落としてしまいます。

また、香料などの添加物は肌への刺激となることもあるため
避けた方がよいでしょう。

4.手で体を洗う

タオルなどでゴシゴシ洗うのではなく、
手に石けんの泡を乗せて、
肌をやさしく包むように洗います。

5.入浴後すぐにケアする

お風呂からあがってしばらくすると全身がかさつくのは、
お湯で肌の皮脂膜が取り除かれ、水分が奪われてしまうからです。

お風呂からあがったら、肌が乾ききらないうちにすばやく、
ボディー用の乳液などでうるおいを補うケアをしましょう。


冬の乾燥肌 かゆみ対策 薬のつけ方と選び方

冬場は肌がとても乾燥しやすいです。

肌のトラブルを防ぐためにも、保湿は欠かせませんが、

かゆみが出てしまった場合は、
肌の細胞が元気を失い、バリア機能が低下している状態で、
保湿するだけでは、回復が難しいことが多いです。

この状態から、肌本来のバリア機能を回復させるには、
一時的に保湿するだけでなく、肌細胞を正常に戻す必要があります。

ですので、薬を選ぶときは
保湿」と「肌細胞の修復力を回復」させる機能があるものを選びましょう。

また、薬を塗るタイミングは、
お風呂上り、肌が乾ききらないうちに塗るのが効果的です。


薬を塗ってもなかなか治らなかったり、
かゆみがひどくなるようなときは、
早めに皮膚科を受診しましょう。

まとめ

冬のカサカサ肌は本当につらいですよね。

カサカサするから、長くお湯に浸かってしまったり、
かゆみがあるから、ゴシゴシこすってしまったり・・・と
肌のためによくないことをしてしまいがちです。

お風呂の入り方に注意して、
冬の乾燥を乗り切りたいですね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする