七五三のレンタル着物は雨の日どうする?対策は?役立つ持ち物は?

子どもをつれて行事では、
お天気がとっても気になりますよね。

特に七五三は、子どもに着物を着せるとなると、
着物の準備や段取り、
そして子どもの体調管理など、いろいろ準備してきたのに、

当日が雨なんて、なんとしてでも避けたいところです。

そうは言っても、お天気はこっちの都合でどうにかなるものではないし、
せいぜいできることといったら、
てるてる坊主をつるすくらい・・・?

雨なら雨でなんとかするぞ!と腹をくくって、
そのためにどうするかをできるだけ検討しておく方が
気持ち的にも楽かなと思います。

スポンサーリンク
  

七五三のレンタル着物 雨だったときはどうする?

七五三のお参りを予定している日の
天気予報が雨だったら、ちょっと憂鬱になりますよね。

せっかくのお祝いだから、お天気のいい日にやりたいと思うし、
できれば、雨だったら延期したいと思うものの、

おじいちゃん、おばあちゃんを呼んでいたり、
家族の予定を変更するのが難しかったりで、

結局、雨でもやってしまうという人の方が多いようです。

でも、子どもの着物をレンタルしていたりすると、
雨で汚れたら?と不安にもなります。

天気予報が雨でなくても、急に雨が降り出すなんてこともあります。

なので、これはお天気に関わらずなのですが、
着物をレンタルしているお店に、きちんと確認しておく必要があります。

雨になって、泥がはねなどで汚れたらどうしたらよいか、
ぬれてしまったらどう対処するのがいいか等。

不安だなと思うことは全部、お店の方に確認しておきましょう。

また、悪天候でどうしても日にちを変更したいという場合、
日程の変更ができるのかも、確認しておく必要がありますね。

お天気はその日になってみないとわからないので、
当日の変更が可能か、可能であれば変更料がかかるのか

変更の後の日程に空きがなかったらどうするのか

お店がどの程度対応してくれるのか確認しておくと安心ですね。

多くの場合、レンタルの契約をするときに説明があったり、
書類に記載があるのですが、
口頭で確認しておくと安心ですよね。

日程を変更するとなると、確認しないといけないのは、
お店だけではないので、注意が必要です。

その他の確認事項としては、

・参加予定の家族の予定
・神社のご祈祷日・時間
・当日撮影を予定しているのでれば、撮影日・時間

などになります。

七五三が雨だったときの対策は?

できれば事前にお参りする経路を確認して、
できるだけ雨に当たらないルートを考えておけるといいですね。

駐車場がたくさんあるような神社なら、
歩く距離が一番少ない駐車場を確認しておくだけでも違います。

着物を着付けてもらう場合、
お店の人もプロなので、雨の場合は、
すそを高めにあげて着付けてくださるかと思いますが、

念のため確認しておくと安心です。

スポンサーリンク

着物を着てて、雨のとき
何が一番困るかというと、足元の悪さです。

なれない草履で、足元が悪いと、
足袋がぬれてそれだけでぐずぐずの原因になりますし、

着物を汚してしまうことにもなりかねません。

雨でなくとも、神社などは歩きにくい場所が多いですし、
無理をせず、子どもははきなれた靴または長靴で行って、

撮影のときだけ草履をはけるように準備しておくのが一番かと思います。

大人の場合は、雨用の草履カバーなどが売っているので、
事前に用意しておくといいかもしれません。

そしてなによりも、七五三が雨になってしまった場合、
時間にゆとりをもって行動することです。

雨だと足元が悪くなるので、
あわてると、どうしても泥はねしやすくなりますし、
最悪の場合、転んでしまうということも・・・。

そうならないためにも、余裕のあるスケジュールを組んで、
子どもだけでなく、大人も気持ちにゆとりを持って出かけましょう。

雨の日の七五三で役立つ持ち物ってある?

七五三のお参りの日が雨だったときのために、
用意した起きたいものは、

・傘

傘なんて当たり前でしょと思いますが、
普通の傘ではなく、大きい傘を準備しておきましょう。

肩がぬれるのも、足元の跳ね上げも、
大きい傘でかなり軽減できます。

透明で前が見やすいものがおススメです。

・レインコート

こちらは子ども用に
大きめで、すっぽり入るくらいのものがあると安心です。

上からかぶるポンチョは、髪の毛をセットしている場合、
脱ぎ着しづらいので、前開きのものがおススメです。

・クリップや洗濯ばさみ

すそをクリップなどで留めると歩きやすくなり、
水はねなどの防止にもなります。

・草履カバー

こちらは大人用として準備しておくとよいです。
子ども用もあるにはありますが、サイズが少ないですし、
あまり無理をしない方がよいかなと思うので、
子どもははきなれた靴や長靴で行く方が安心です。

・タオル

ちょっと多めに準備しておくと何かと便利です。

・ビニール袋

ぬれたものをさっと入れたり、
靴を履き替える場合に使います。

まとめ

我が家は七五三のお参りはお天気に恵まれて、
ほっとしたのをおぼえています。

雨なら雨で、できれば、
よい思い出になるといいなと思いながら、
子ども行事とは付き合ってますが、

それでも、やきもきさせられますね。

七五三の時期は、お天気でありますようにと願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする