車の暑さ対策・駐車中にできる暑さ対策は?すばやく冷やす方法は?

chusyajyou01

暑くなってくると、車の運転も大変になってきます。

ちょっと駐車しただけでも、車内の暑さといったら、
我慢できる温度を超えちゃってますよね。

真夏、炎天下に駐車した車だと、
車内は60℃を越えることもあると言われています。

どうにかして車内の温度を下げたいと思うのが、
車を運転する人の思いではないでしょうか。

スポンサードリンク

車の暑さ対策・駐車中の車内を暑くしない対策は?

駐車中に車内が暑くなるのは、
車体や、車内のシートなどが太陽光で暖められることによって、
車内の空気が上昇していくからです。

つまり、駐車中は車体や車内のシートなどを太陽光から守ることが
車内を暑くしない方法になります。

◎日陰に駐車する

当たり前といえば、当たり前ですが、
日陰に駐車できれば、車内の暑さは抑えられます。

日陰に止めたつもりが、時間がたったら
おもいっきり太陽が当たっていた!なんてことは良くありますが、
それでも、ずっと太陽にあたっているより
車内の暑さは抑えられています。

◎サンシェードを使う

日陰に駐車できなかったり、長時間車から離れるときは
サンシェードの利用がオススメです。

車体の温度上昇は抑えられませんが、
車内のシートなどへの直射日光はさえぎることができ、
暑さ対策になります。

サンシェードを利用した場合と、しなかった場合では、
15℃も車内温度が違うというデータもあります。

スポンサードリンク

◎カーテンをかける

フロントガラスだけでなく、サイドからも太陽光は
容赦なく入ってきて、シートなどを暖めてしまいます。

カーテンをかけることで、直射日光をさえぎりましょう

カー用品として遮光カーテンもあり
吸盤などで簡単に取り付けることができるので、
オススメです。

◎窓を少しだけ開けておく

空気の流れを作ることで、
車内の温度が上がりにくくなる効果があります。

ただし、防犯の意味からはあまりオススメできません。
ドアバイザーをつけている場合は、
窓が開いていることが分かりにくいので実践しやすいです。

車の暑さ対策・乗る前にすばやく車内を冷やす方法は?

◎車内を喚起する

暑くなった車内を冷やすのに一番重要なのは喚起です。

乗る前にまず、窓でもドアでも開け放って喚起をしましょう

ドアでも、窓でも全開にしたあと、
運転席側のドアの開け閉めを繰り返すと、
空気の流れができやすく、車内の温度が下がります。

◎シートやダッシュボードを濡れたタオルで拭く

シートやダッシュボードなど、
濡れたタオルで拭けるところを拭きます。

水が蒸発することで、熱を取ってくれるので、
温度が下がります。

車の暑さ対策・その他にできること

車内がエアコンで冷えていても、
太陽の光がジリジリを腕や足にあたっていると、
どうしても、暑く感じます。

運転をするときだけでなく、
車に乗るときは、UVカットのアームカバーや
羽織モノを用意するとよいです。

また、水分補給をこまめにしましょう。

熱中症対策だけでなく、
体内からクールダウンすることにもなります。

まとめ

暑い中での車の運転は本当に大変です。

うまく暑さ対策をして、安全で快適なドライブを楽しみたいですね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

初盆(新盆)でのお供えのマナーは?相場は?熨斗はどうする?
地震がおこったときの家族との連絡方法は?集合場所は?
写真だけの結婚式後悔しない?知っておきたいメリット・デメリット
土鍋の新品お手入れは?使った後のお手入れは?やってはいけないことは?
夏ばて?その原因と症状/夏ばて予防&解消の食材とメニューとは?
赤ちゃんの虫除け上手な方法は?部屋の中と外/安心な虫除け剤は?
お盆の義実家の帰省 手土産を選ぶポイントは?渡すタイミングは?
画用紙のサイズ規格四つ切とは?写真用紙となぜ違うの?紙のサイズ規格は?
喪中はがきいつまでに出す?12月に不幸があったらどうするの?
防災用の水の必要量は?保管方法は?賞味期限が切れたらどうする?
帽子をかぶると禿げる?禿げないための帽子の選び方・かぶり方
赤ちゃんの日焼け止めはいつから?選び方は?紫外線対策とは?
うなぎは何歳からたべさせても良い?注意することは?
重曹とは?セスキとは?違いは?どのように使い分ける?
非常食は3日分必要?その根拠は?具体的にはどのくらいの量?

Menu

HOME

TOP