ハロウィンで男が仮装するなら?簡単に抵抗なくできる仮装は?

スポンサードリンク

halloween-make

ハロウィンといえば、仮装 というイメージが強くなっていますよね。

でも、仮装しているのは、
子どもや女性も方が多いかなと感じます。

でも、子どもや女性がするなら、
それにあわせて男性だって!

一緒に仮装したら、盛り上がること間違いなし。

スポンサードリンク

ハロウィンで男性が仮装するのにオススメは?

ハロウィンの仮装といえば、最近なんでもありという感じがありますが、
もともとは悪霊を追い出すという意味がありました。

ハロウィンの仮装で男性が挑戦しやすいのは、
ゾンビやヴァンパイアといったホラー系の仮装です。

ゾンビやヴァンパイアといったハロウィンの定番コスプレは
男性が挑戦しやすいだけでなく、
凝ろうと思うと、とことん凝れるという特徴があります。

ハロウィンで男性が仮装するなら ヴァンパイア編

ヴァンパイアは、中世からの歴史ある感じがポイントですね。
まさにハロウィン向けの仮装です。

簡単に済ませるなら

髪をオールバックにして
黒(首元が赤)のマントを羽織るだけでも

それらしく見せることができます。

マントの中はオーソドックな黒のスーツでOKなので、
仮装といっても、抵抗なくできます。

なので、初めてハロウィンの仮装をするという男性にオススメです。
しかも、ヴァンパイアはクールなイメージで、かっこいい!

もちろん、もっとヴァンパイアらしく
仮装のクオリティをあげようと思うのなら、

スポンサーリンク

マント以外のコスチュームを用意したり、
牙もあわせることでよりリアルな感じに近づけます。

また、メイクに抵抗がない場合は、
ファンデーションで顔を白くしたり、

あごやほほ骨の下、目の周りに
暗めのアイシャドウを入れると顔色が悪い感じに

さらに口元に血糊をたらせば
血を吸ったばかりのヴァンパイアの完成です。


ハロウィンで男性が仮装するなら ゾンビ編

男性がハロウィンで仮装する場合、ホラー系のゾンビもオススメです。

ゾンビの衣装は、穴があいたり、破けているダメージ服でも対応できます。

もちろん、より本格的なゾンビ衣装もありますが、
どちらにしても、カジュアル服のイメージに近いので、
抵抗感をあまり感じずに仮装できます。

ですので、ヴァンパイアと同じく
仮装が初めてという方にもオススメです。

ゾンビはメイクが難しいというイメージがあるかも知れませんが、
装着するだけで簡単に傷口があるように見える
特殊メイク風アイテムもたくさんあります。

自分でメイクしてみたいという方にオススメなのが、
傷口メイクです。

丁寧にやると時間はかかりますが、
簡単にできますよ。

使うものは

・木工用ボンド
・爪楊枝
・血糊
・リキッドファンデーション
・アイシャドウ(グレーや茶色など)
・化粧用パフ

※木工用ボンドを直接肌につけるので、かぶれる可能性があります。
肌の弱い方、敏感な方は注意してください。

また、ゾンビは一人でやるより、
複数人でやると迫力や存在感がアップします。

仲間がいる場合は、お互いにメイクしあうこともできますし、
より臨場感のあるハロウィンにしあがること間違いなしです。

まとめ

変身願望は多くの人がもっているんでしょうね。
ハロウィンはまさにそんな人たちが楽しめる一大イベント。

最近は、かなりリアルでなりきっている人も増えていますよね。

リアルを追求するもよし、
イベントを楽しむために気楽に仮装するもよし。

いろいろな楽しみ方で、ハロウィンを過ごしちゃいましょう!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする