婚約指輪はいつからつける?結婚後はつけないの?結婚指輪は?

スポンサードリンク

konyaku-yubiwa

彼から突然のプロポーズ・・・ロマンチックですよね。

でも、そのときもらった婚約指輪って
いつからつけていいのかな?

結婚したらつけないものなの?といろいろ迷うことも・・・。

婚約指輪は、婚約期間のどのタイミングでつけるのか?
そしていつまでつけていいものなんでしょうか?

スポンサードリンク

婚約指輪はいつからつけていいの?

結論からいうと、婚約指輪は受け取ったその日からつけてOKです。

つけなければいけないというわけではなく、
また、つけるタイミングや期間に明確なルールがあるわけでもありません。

結納をする場合は、結納の際に婚約記念品として贈られ、
それ以降着用する人が多いです。

結納をする場合でも、結納の前に指輪をもらったのであれば、
もらったときからつけてOKです。

その場合は、結納のときに
「婚約記念品としていただきました」とお披露目するとよいですね。

スポンサーリンク

婚約指輪は結婚後はつけないもの?

婚約指輪は、婚約期間しかつけないし、
もったいないと思っている人もいるようですが、
婚約指輪は結婚後もつけて大丈夫です。

重ねづけすることを考えて、
婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで購入する人もいます。

婚約指輪はダイヤモンドをあしらった高価なものが多いので、
結婚式などの晴れの日や、記念日にご主人と食事に行くときなど、
特別な機会に身につける人が多いです。

せっかくの婚約指輪をずっとしまっておくのはもったいないので、

つける機会を増やせるように、
ご主人にアピールするものいいかもしれません。


結婚指輪はいつからつける?

婚約指輪はもらった日からつけてOKですが、
結婚指輪は?

入籍と挙式が同じであれば迷いませんが、
入籍と挙式の間に時間がある場合は迷いますよね。

ただ、これも明確なルールがあるわけではないので、
ひとそれぞれになります。

挙式で初めて指にはめたいという人が多いですが、

入籍した日からはめて、
挙式の前にクリーニングにだして挙式に出すという人もいます。

結婚指輪に対する思いは人それぞれです。
彼と一緒に考えて決めるのがよいでしょう。

二人が一番いいと思える日からつける

これが一番ですね。

まとめ

婚約指輪も結婚指輪も
どちらも特別な意味をもつ指輪なので、
一生その輝きを楽しめるようにしたいですね。

婚約指輪も一生ものなので、
もったいないといわず、
是非プレゼントしてもらいましょう!(プレゼントしましょう!)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする