円安とは?円安はなぜおこる?円安のメリット・デメリットは?

kawase01

最近、円相場が一時 1ドル125円台になったと
報道されていましたが、

円安になると、どんな影響がでるんでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも円安とは?

円安というのは、ドルやユーロなどのほかの通貨に対して、
円の価値が低くなること
を言います。

普段ニュースになったりするのは、
米ドルに対する円の価値です。

例えば、1ドル=100円の場合と、1ドル=120円の場合では、
1ドル=120円の方が円の価値は低いです。

100円と120円だと、120円の方が高いので、
円高では?と疑問に思うかも知れませんが、

1ドルのものを買うとすると、
1ドル=100円のときは、100円出せば買えますよね。

でも、1ドル=120円のときは、
100円だしても、1ドルのものは買えません。

余分に20円を払わないと売ってもらえないわけです。

つまり、この状況を円の価値が下がったといい、
円安になったとみなされます。

円安はなぜおこるの?原因は?

円安がおこる原因には、様々な要因がからんでいます。

日本の経済だけでなく、

ほかの通貨に対しての円の価値なので、
ほかの国の経済なども影響してきます。

現在の円安要因の大きいものとしては、
以下の3つがあげられています。

1.日本の経済が衰退の方向を向いている

円の価値が下がるということは、
日本の経済力が弱まっていることを意味しています。

震災によるエネルギー不足や
高齢化により労働者不足も原因のひとつと考えられます。

スポンサードリンク

2.日本の金融緩和政策

アベノミクスという言葉を聞いたことありますよね。
その中に大規模な金融緩和政策があります。

簡単に言うと、お金をたくさん作って
日本全体のお金の量を増やすということです。

この政策が円安の原因になっているといわれています。

もともと100枚だったものが、200枚、300枚と増えると、
価値が下がってしまうという理由です。

3.アメリカの経済が上向いてきている

一時期停滞していたアメリカの経済が
上昇傾向にあります。

そのため、アメリカの経済力が強まり、
それにあわせてドルの価値もあがっていると考えられます。

円安になると得するの?損するの?

いろいろな原因によって円安方向に向いているわけですが、
私たちの生活において円安になると得するのか、
損をするのかが気になるところですよね。

●円安のメリットとは?

海外から見て日本の商品が安くなるので、売れやすくなります。
つまり、輸出企業に有利な状態となります。

外貨を円に換える場合は、
いままでより多くの円が手に入ることになります。

●円安のデメリットとは?

海外からの購入で、たくさんの円を払わなければならなくなります。
つまり、輸入企業に不利な状態となります。

円を外貨に換える場合、
今までより少ない外貨しか手に入りません。

日本は多くの食品やものを輸入しています。

メリット、デメリットからもわかるように、

輸入品が高くなるので、
ものの値段が高くなっていく傾向にあります。

ガソリンの高騰や食品などの値上げも
この円安の影響が大きいです。

海外旅行なども、外貨に換える必要があるので、
今までより多くの円が必要になってしまい、

あまりお得とはいえないのが円安です。

まとめ

最近、海外から日本にくる旅行客がとても増えているのですが、
それも円安の影響が大きいといわれています。

海外からの旅行客をあいてに商売をされている方は、
円安で得をしている人かも知れませんね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP