天神祭の奉納花火2015年はいつ?どこで?花火が見えるホテルは?

tenjinmatsuri-hanabi

東京の「神田祭」、京都の「祇園祭」と並び、
日本三大祭りとされている、大阪の 「大阪天神祭」。

毎年130万人もの人が訪れるお祭りですが、
一番盛り上がるのが、船渡御と奉納花火ですよね。

スポンサードリンク

天神祭の日程と花火のあがる場所

天神祭は毎年6月下旬から諸行事が行われ、
お祭りムードになってきますが、

一番の盛り上がりは
7月24日の宵宮7月25日の本宮です。

そして、天神祭のメインとも言われる
「船渡御」と「奉納花火」は25日に行われます。

奉納花火は
19時頃から21時頃までの間、
川崎公園桜宮公園の二地点で行われます。

打上げ花火を中心に約4000発の花火が奉納されます。

天神祭 奉納花火が見えるホテルは?

花火の打ち上げ場所近くはもとより、
その周辺はとにかく人が多いです。

奉納花火は神様にお供えする花火のこと。

厳かな雰囲気に包まれて、
ゆったりと花火鑑賞をしたいという方には、
やはりホテルからの鑑賞がオススメです。

天神祭の奉納花火が見えるホテルはこちら

スポンサードリンク

◎帝国ホテル大阪◎
大阪府大阪市北区天満橋1-8-50 

JR環状線 桜ノ宮駅西口より徒歩5分

地図でも確認できますが、
この帝国ホテルは川を挟んで打ち上げ会場の真正面に位置しています。

迫力ある花火がゆったりと堪能できます。

また、「舟渡御」のかがり火も見ることができ、
まさに幻想的な雰囲気を楽しむことのできるホテルといえます。

◎大阪キャッスルホテル◎
大阪市中央区天満橋京町1-1

地下鉄谷町線 天満橋駅2番出口すぐ
京阪電車 天満橋駅12番出口すぐ

花火の打ち上げ場所からは少し離れますが、
「船渡御」が行われる大川沿いにあるので、
お祭りの雰囲気がたっぷり味わえるホテルです。

◎ホテルモントレ ラ・スール大阪◎
大阪市中央区城見2-2-22

JR大阪環状線 京橋駅より徒歩約5分
京阪電車 京橋駅より徒歩約5分

花火会場まで徒歩20分程度の場所にあり、
お部屋から花火をたっぷり堪能できます。

アンティークな家具が使用された赴きあるホテルです。

◎ウェスティンホテル◎
大阪市北区大淀中1-1-20

JR大阪駅より徒歩約7分

花火が見える部屋は6月下旬に抽選が行われます。

抽選にあたればということになりますが、
大阪駅に近く、遠方から天神祭にこられる方にオススメです。

※どのホテルも、花火の見える部屋はすぐに埋まってしまうので、
早めの予約が必要です。

天神祭 奉納花火の見えるホテル(地図)

まとめ

お祭りの中心地へ出かけて、
お祭りムードをたっぷり堪能するのもいいですが、

迫力ある花火をホテルでゆったり過ごすのも、
素敵な思い出になることまちがいなしです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP