シルバーウィークってなに?誰がつくったの?毎年あるの?

スポンサードリンク

silverweek01

『シルバーウィーク』って聞いたことありますか?

『シルバーウィーク』を初めて聞いた人でも
だいたいの察しはつきますよね。

スポンサードリンク

シルバーウィークってなに?誰がつくったの?

4月末から5月初めの連休のゴールデンウィークに対し
シルバーウィークは9月の連休のことをさしています。

では、誰がつくったのか?というと、

『ゴールデンウィーク』も『シルバーウィーク』も
映画業界が作った言葉で、

1950年代に映画界の活性化などの宣伝目的で作られたものです。

ただし、このころのシルバーウィークは
11月の秋の文化の日を中心とした期間を呼称していました。

その後、ゴールデンウィークは一般的に定着しましたが、
シルバーウィークは定着せずに消えていきました。

スポンサーリンク

最近では、9月の連休にあわせて
旅行代理店などが『シルバーウィーク』という言葉を使うようになり、
定着しはじめています。

9月の連休はなぜできるの?2015年は?

2015年は、5月の連休に続き、
9月にも4連休(土曜日を含めると5連休)になります。

では、毎年このような連休ができるのかというと
そうではないんです。

これには、3つの要因があります。

1.ハッピーマンデー制度によって
敬老の日が9月の第3月曜になった

2.祝日法によって、
「祝日と祝日にはさまれた平日を休日にする」という改正があった

3.秋分の日が9月21日・22日・23日のいずれかで、
かつ水曜日であること

つまり、秋分の日が9月21日・22日・23日のいずれかで、
かつ水曜日であれば、2日前が必ず敬老の日となり、
その両日ではさまれた火曜日は、祝日法により休日(国民の休日)となるわけです。

2015年の次のシルバーウィークはいつ?

シルバーウィークは毎年連休になるとは限らないので、

気になるのは2015年の次ですよね。

現行法が続くならば、
2015年と同じように9月に大型連休となるのは、
2026年になります。

ちなみに、2015年の前は2009年でした。

まとめ

2015年の次が2026年ときくと、
9月の連休はとても貴重に感じます。

秋の行楽シーズンと重なる連休ですので、
いろいろ計画をねって、楽しみたいですね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク