山開きの意味は?山開き前に登山はできないの?富士山はいつ?

日本には、山開きという言葉がありますよね。

『山開き』と聞くと、山小屋などがオープンするというイメージなのですが、
でも、雪山とか冬山とかに登る人もたくさんいるから、
山開き自体にどんな意味があるのかな?と不思議に思いました。

特に日本一の富士山の山開きは
ニュースなどでも取り上げられるけど、

ご来光を見るために、
大晦日に富士山に登るという話も聞いたことあるし・・・

大晦日は山開きの時期ではないはず。

謎は深まるばかりです。

スポンサーリンク

山開きの意味とは?

山開きとは、

一般の人が山に入って、登山を楽しむことができるようになる日

のことを言います。

日本では、昔から山には神様がいると考えられてきました。
山は信仰の対象だったわけですね。

そのため、神様のいる山に入ることができるのは、

山伏(山に住み、修行をする人)やお坊さんなど
ごく限られた人だけでした。

その後、各地で山頂に祭られている神を拝むために
期間を決めて 一般の人も山に入ることが許されるようになりました。

その、立ち入り可能な期間の始まりを示す行事として
神様に一般の人の入山を許していただく儀式を執り行うことが

『山開き』といわれていました。

つまり山開きは昔から行われている 日本の伝統行事 といえます。

ちなみに、『○○開き』という言葉の始まりは、
この山開きであるといわれています。

海開きも山開きにならって各地で行われるようになった行事です。

スポンサーリンク

山開きの前に登山はできないの?

最初に答えを言ってしまうと、

山開きをしていない時期でも、山に登ることは可能です。

ただ、現在の山開きの時期は、
安全性の観点から決められている場合が多いこともあって、

山開きをしていない時期に山登りをするのは
避けたほうがいいといえます。

閉山中は、山小屋やトイレなどの施設が閉鎖されていて、
すべて自分の担ぐ荷物でまかなわないといけない状況になります。

また、登山道が閉鎖されていたり、
雪が残っている場合は、雪崩などの危険も伴います。

富士山の山開きはいつ?

日本の山といえば富士山

この富士山の山開きは、ニュースでも取り上げられるくらい有名ですよね。

富士山の山開きの日程は、
登山道によって異なります。

例年通りであれば、

山梨県側の吉田ルートは7月1日

吉田口登山道の入口である北口本宮冨士浅間神社で
6月30日に開山前夜祭が行われます。

静岡県側の富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートは7月10日

富士山本宮浅間大社にて
安全を祈願し、開山祭が行われます。

となります。

ただし、残雪状況や気象情報などで、
日にちは変更になることもあるようです。

ここから約2ヶ月間が富士山の登山シーズンとなります。
(毎年9月10日が閉山)

まとめ

山に入るということは、
神に近づくという意味合いが深かったのだなと
改めて知りました。

山登りには興味があるのものの、
親に「山をなめたら痛い目にあうよ。」と
いつも言われていて、
なんとなく私には無理かなと避けてきました。

親も山の神を少なからず信じていたのかなーと思ったりしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする