ダイヤモンドの選び方は?4Cとは?4Cに優先順位はあるの?

diamond-4c

クリスマスのプレゼントにダイヤモンドを!
と考えている方もいるのではないでしょうか。

ダイヤモンドは
宝石の中で唯一明確な等級付けが定められています。

そして、等級によって価格が明確になっています。

スポンサードリンク

ダイヤモンドの4Cとは?

4Cとは、ダイヤモンドの品質を示す
「カラット(Carat」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」「カット(Cut)」
の頭文字を表す言葉です。

こらら4つの基準によって、ダイヤモンドは等級付けがされているわけです。

イヤリングやペンダント、ファッションリングなどで、
どちらかといえばデザインを重視したものでは、
ダイヤの品質はあまり気にしなくても良いのではないかと思います。

ダイヤモンドの品質が重要になるのは、
ダイヤモンドそのものを見せるシンプル・デザインのアクセサリーの場合です。

この場合は、ダイヤモンドのグレードつまり4Cをしっかりと吟味することが重要になってきます。

カラット、カラー、カット、クラリティとは?

「カラット(Carat)」
ダイヤモンドの重量を示す単位のことです。
1ct(キャラット)=0.2g(グラム)で、
ダイヤが大きいほど価値が高くなります。

carat


「カラー(Color)」
世界には、様々な色のダイヤモンドが存在します。
その色を段階別に評価したものがカラーです。

無色のものの方が希少性が高く、高価になります。

カラーのランクは以下のとおりです。

D・E・F-無色
G・H・I・J-ほぼ無色
K・L・M-かすかな黄色
NからR-薄い黄色
SからZ-濃い黄色

「カット(Cut)」
カットは形のことです。
ダイヤモンドは原石のままでは美しく輝きません。
原石をカットすることによって、あの美しさが生み出されるのですが、
そのカットの出来、不出来の評価のことを指しています。

カットの評価基準は以下のとおりです。

Excellent(エクセレント)-理想的なプロポーション
Very Good(ベリーグッド)-エクセレントの次に優秀なプロポーション
Good(グッド)-標準的なプロポーション
Fair(フェアー)-わずかな欠点のあるプロポーション
Poor(プアー)-欠点のあるプロポーション

「クラリティ(Clarity)」
天然の鉱物であるダイヤモンドには、
多かれ少なかれ不純物が含まれていたり、
キズがあることがあります。
業界では、キズのことをClarity(クラリティー)と言い、
中や表面に傷や内包物が無いものほど価値が高いです。

クラリティの評価基準は以下になります。

FL(フローレス)-内側にも外側にもキズが全くない。
IF(インターナリー フローレス)-内側にキズが全くない。
VVS(ブイブイエス)-10倍に拡大するレンズで見てキズの発見が難しい。
VS(ブイエス)-10倍に拡大するレンズで見てキズの発見がやや難しい。
SI(エスアイ)-10倍に拡大するレンズでキズを発見するのは簡単だが肉眼では難しい。
I(アイ)-肉眼でキズを簡単に発見できる。


スポンサードリンク

4Cに優先順位はあるの?

さて4Cによって明確な等級付けがされているダイヤモンドですが、
4Cのすべてを最高級にしようと思うと、
お値段の方もすばらしく高いものになってしまいます。

ある程度の予算の範囲で、
ダイヤモンドを選ぶ場合に必要になるのが、
この4Cに優先順位をつけることです。

4Cの優先順位としてよく言われるのが

カット⇒カラット⇒カラー⇒クラリティ

の順です。

ダイヤモンドが美しく輝くために一番大事なのが
カットだといわれています。

カットは原石の質やカラー、クラリティをカバーするともいわれるくらいです。

次にカラットですが、
これはダイヤモンドの重さですが、
カラットで大きさも変わってきます。

カラットの違いは、肉眼でもわかりやすい違いになります。

カラットが大きいからよいというわけではないですが、
カラットついて迷われたときは、
カラット数は少しでも上げておくと後悔せずにすむことが多いはずです。

カラーとクラリティについては、気にしなくてもいいのか?というと、
そうではなく、カラーとクラリティは大きく差がない限り
肉眼でその違いを判断することは難しいので、
自分で納得できる最低ラインを決めておくということになります。

ただ、カラットが大きくなると(1カラットぐらいの大きさから)
カラーやクラリティの差が気になる可能性が出てきます。

このあたりは、好みとバランスの問題ですので、
実際にダイヤモンドを手にとってみて、判断する必要がでてきいます。

まとめ

いくら眺めてもあきない
ダイヤモンドの輝き・・・素敵ですよね。

まさに永遠の輝き。

一生使うものだから妥協したくない!
でも、お値段が・・・というときに
ちょっとでもお役にだてたらうれしいです。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP