水着を着こなすための水着の上手な選び方は?体型カバー術とは?

mizugi-erabi

夏のレジャーといえば、海やプール。

海やプールに行きたいけど、水着を着るのがちょっと・・・と思っていたら、
せっかく夏が思いっきり楽しめないですよね。

体型にコンプレックスがあるなら、
そこを上手にカバーして、水着を着こなしてみませんか?

スポンサードリンク

水着を着こなすための水着の上手な選び方は?

水着は洋服とちがって露出度が高いので、
いろいろな体型のコンプレックスが気になってしまいますよね。

でも、逆にコンプレックスをうまく利用して、
流行の水着を着こなすこともできるんです。

水着も洋服と同じで、
コンプレックスのある部分を
バランスよくキレイに見せることがポイントです。

そのためには、
気になる部分を強調させず、
その部分から視線をそらすようにすることが大事です。

気になる部分から視線をそらす水着の選び方

気になる部分から視線をそらす水着の選び方としては

1.トップスとボトムスで変化をつける

トップスとボトムスとで色や柄を変えるだけで、
視線をそらすことができます。

2.ヘアスタイル、履物も含めて全体のバランスを考える

ヘアスタイルにボリュームを持たせたり、
ちょっと目立つくらいの飾りを使うことで、
水着への視線をそらすことができます。

3.気になる部分のボリュームやアクセントを考える

ボリュームを出したいときは、
フリルをたっぷり使ったり、

視線を上にもっていきたいときは、
ロゴなどのワンポイントを上につけるなどすると、
視覚効果を作ることができます。

4.色や柄の選び方を工夫する

色には膨張色と収縮色があります。
一般的に淡色は膨張色、濃色は収縮色といわれています。
また、暖色系は膨張色、寒色系は収縮色です。

パステル調の淡い色は
スレンダーでボリュームを出したい人向きです。

スポンサードリンク

黒などのクールな色は収縮色ですので、ぽっちゃりした体型で、
すっきりと見せたい人向きです。

また、大きな柄や太いボーダーは横広がりに見せるため、
すっきり見せたい人には不向きです。

水着を着こなすための体型カバー術

水着を着るときに、
気になる部分の露出を少なくすることを考えがちですが、

あえてボリュームをつけて、
そちらに視線を集中させるなど、

気になる部分から視線をそらすことこそが
体型カバーといえます。

◎視覚的効果を使った体型カバー

気になる部分から視線をそらす水着の選び方と同じで、

デザインや色目で流行アイテムを取り入れ
視線をそらす工夫をしましょう。

フリルをたっぷり使えば、
ふっくらした印象になりますし、

トップスとボトムスの色を変えるだけで
メリハリのあるボディに見えます。

また、ヘアやサンダルに大きめのコサージュをつけるだけでも、
視線をそらすことができ、
気になる部分の体型カバーが可能です。

◎重ね着による体型カバー

ラッシュパーカーやTシャツなどを重ね着することで
体型カバーができます。

ただ、隠そうとして着てしまうのではなく、
中は大胆なビキニにしてちら見せするなど、
肌の露出もメリハリをつけると効果的です。

ボトムスには、キレイな色柄のトレンカなどがオススメです。

パレオを巻くのも効果的ですが、
長すぎるパレオは下半身が重たく見えます。

◎補正水着で体型カバー

補正水着を着て体そのものを引き締めてしまうのも
ひとつの方法です。

最近では、ワンピースやセパレートなど、
いろいろな補正水着が出ています。

自分の着になる部分を上手に引き締めてくれる
補正水着がないか試してみましょう。

まとめ

肌の露出の多い水着は、
コンプレックスがあると恥ずかしいと思ってしまいますが、
まずは着てみることが大切です。

お店で試着するのはただです。
いろいろ着てみて、自分の姿を鏡で見てみる。
きっと、お気に入りが見つかるはずです。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP