ファーバッグのお手入れ方法は?保管方法は?毛ぐせがついちゃったら?

aki-fassyon

秋冬ファッションで大活躍してくれるファーバッグ。

早ければ、9月ごろからファーバッグを取り入れて
ファッションを楽しみたいという人も。

まだ、残暑の残る季節に人気なのが淡い色のファー。

汚してしまったら・・・と持つのを躊躇する人もいますが、
正しくお手入れをすれば、長持ちさせることができますよ。

スポンサードリンク

ファーバッグのお手入れ方法は?

バッグに限らず、ファーアイテムは日常のお手入れが肝心です。
リアルファーでもフェイクファーでも、基本的なお手入れは同じです。

ファーはどうしてもほこりがたまりやすいです。

一日使っただけで、結構なホコリをためているものなので、
ブラッシングが欠かせません。

といっても、毛をとかすようなブラッシングはNGです。

あくまでもホコリを落とすことが目的です。

最初に手でふりふりしてホコリを落としてから、

毛が抜けてしまわないように
やわらかい洋服用のブラシで
毛の流れに沿ってやさしくブラッシングしましょう。

汚れが気になった場合、

フェイクファーであれば、手洗いできる場合もあります。

ただし、毛足の短いものに限ります。
15cm以上の毛足のものは、洗うと毛がちりちりになることもあるので、
自宅では洗わない方が無難です。

洗濯できるかどうかは、洗濯絵表示を確認しましょう。

手洗い可能な場合も、ファーはやさしくが基本です。
水(またはぬるま湯)の中でふりふりして振り洗いをしましょう。

乾かし方も注意が必要です。

絞ったりするのは厳禁です。

タオルなどで包んで水気を吸い取ります。(擦らないように。)
あとは手で毛並みを整えて陰干しします。

ファーは、熱に弱く、高温では毛が痛みます。
ドライアーなどで乾かすのは避けた方が無難です。

ファーバッグを保管方法は?

ファー使いのバッグやコートは
秋冬ファッションのアイテムだけに
比較的長い間保管する必要がありますよね。

いざ出してきてみたら、なんか匂う・・・、色が変わっている・・・
なんてことにならないようにしたいものです。

しばらく使わない場合は

1.ブラッシング

日常ケアと同じ方法で大丈夫ですが、
表面のホコリ、汚れは十分に落としてから保管しましょう。

バッグは内側にホコリがたまっていることがあるので、
軽く拭いて取り除いておきましょう。

スポンサードリンク

2.湿気対策

ファーは湿気に弱いので、
ビニールなどは保管に適していません。

通気性が高く、ホコリや紫外線を避けられるものとして
「不織布」での保管がオススメです。

また、バッグの内側に除湿剤を入れておくと安心です。

クローゼット等収納場所に除湿剤を置いておくとより効果的です。

3.防虫対策

防虫対策も必要ですが、
化学物質を多く含む防虫剤だとその部分だけ変色していた・・・
なんてこともあります。

防虫対策は天然素材のものを選ぶと安心です。

4.ゆったりスペースで保管

保管の袋がきついと毛がつぶれてしまう場合があります。
できるだけゆったりした袋に入れて保管しましょう。

また、寝かせてしまうと、毛ぐせがついてしまう場合もあるので、
立たせるか、吊り下げて保管しましょう。

毛ぐせがついちゃったなどのトラブル対処方法は?

・毛ぐせがついてしまった

⇒濡れたタオルで毛先の部分を軽くぬらすか
霧吹きで軽く水を拭きかけます。
あとはやさしくブラッシングして毛並みを整え
陰干しで自然乾燥させてみましょう

・雨、雪などで濡れてしまった

⇒よく振って水を払い落としたあと、乾いたタオルで丁寧に拭きあげます。
後は日陰干しで自然乾燥させましょう。

・コーヒーやジュースをこぼしてしまった

⇒すぐにティッシュパーパーなどで水分をふき取ります。
その後、かたく絞った蒸しタオルで軽くたたき出すようにして汚れを取り除きます。
汚れや水分が広がらないように注意して行います。
見た目にキレイになっていても、糖分が残っている場合もあるので、
繰り返し行って、十分に処理しましょう。

ファーのトラブルは、
事前に防水加工をしておけば、
最悪の事態は免れることがあります。
(すべてではありませんが・・・。)

防水加工はクリーニング店で相談してみるものいいですし、
ファーやニットにも使える防水保護スプレーもあるので
検討してみてください。

(スプレーの場合は、必ず目立たないところで試してから使用しましょう。)

まとめ

秋冬ファッションの定番となっているファーアイテムですが、
汚れが気になる人も多いと思います。

フェイクファーであっても、お気に入りであれば
日常のお手入れをして、長持ちさせて上げましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP